お手入れ方法イーラル ヘッドキュアを受けられるサロンはこちら

正しいシャンプーの方法

  • 頭皮と髪を十分に濡らす
    あらかじめ髪の絡まりをとっておきましょう。
    シャンプーの泡立ちを良くするために、頭皮と髪を十分に濡らし予洗いします。
    これは頭皮や髪を傷めず洗うために重要なポイントとなります。
    シャンプーの泡は汚れを落とすだけでなく、泡の弾力によって髪同士の摩擦を防ぐ役目もあります。
  • 指の腹で洗う
    シャンプーを手のひらに取って軽く泡立て髪になじませます。
    泡立ってきたら頭皮までなじませ、指の腹でマッサージするように洗います。
    表皮はラップ2枚分の厚さしかないため、爪を立てて洗うと簡単に表皮に傷がつきます。
    自分では痛みもかゆみも感じないため気づかないので注意しましょう。
    続いて頭皮全体をマッサージしましょう。
    特に耳まわりは洗い残しが多いため丁寧に洗いましょう。
    頭皮の汚れやベタつきが気になったり、爪が長く頭皮に傷をつける恐れがある方は、頭皮用洗浄ブラシを使いましょう。
    毛穴周辺の皮脂もすっきり落とすことができます。
  • すすぎは十分に行う
    シャンプー剤が残らないように、たっぷりのお湯で丁寧にすすぎます。
    耳の後ろ〜襟足、耳まわりや生え際が残りやすいので、念入りにすすぎましょう。
    うつむいて洗う方は、ハチ部分のすすぎをしっかりしましょう。
    根元のベタつきの原因になる可能性があります。
  • トリートメントで髪をケアする
    適量を手に取り、中間〜毛先までなじませしっかりもみ込みます。
    頭頂部分から塗布すると、頭皮のベタつきの原因となりますので注意しましょう。その後、十分にすすぎます。
    トリートメントは髪になじませた後、しばらく置くとさらに効果的ですが、髪質やトリートメントの量を十分考慮して行ってください。
  • やさしくタオルドライする
    髪をポンポンと軽くたたくような感じで水気をふきとり、頭皮を中心にタオルドライすると効率的です。
    髪同士をこすりあわせると摩擦が生じて傷みやすいので、なるべく避けましょう。

シャンプー

  • ピュアシャンプー
  • ピュアクレンジング
  • ピュアシャンプー スカルプ


トリートメント

  • ピュアトリートメント
  • コートⅤアップ

ヘッドスパ&商品のご購入はイーラル取扱サロンへお気軽にお立ち寄りください。EraLの「頭皮と髪のエイジングケア」はサロンとご自宅ケアで毎日のヘアケアをサポートします。

  • 地域からイーラル取扱サロンを探す
  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 北信越
  • 東海
  • 関西
  • 中国
  • 四国
  • 九州・沖縄
ページの先頭へ