プログラム&プロダクト(サロン専売品)イーラル ヘッドキュアを受けられるサロンはこちら

デイリーケア 頭皮と髪のホームケア(男性用)。男性の頭皮の悩みにアプローチするヘアケアライン。

男性の頭皮の悩みにトータルにアプローチ!男性用スカルプケアライン「イーラル オム」 ランライク上の男性用スカルプシリーズ「イーラル オム プライム」

男性の頭皮の悩み

男性の頭皮の悩みとして多いのは、「細毛化・抜け毛」や「ニオイ」です。これらの悩みは、加齢や遺伝、ストレス、生活習慣、病気などさまざまな要因が積み重なり生じます。
男性はこれらの悩みを単独に持っているというよりは、複合的に抱えているケースが多いため、トータルでケアしていくことが重要です

男性の頭皮の悩み 「細毛化・抜け毛」・毛母細胞の活性低下 ・頭皮の炎症 ・頭皮の硬化 「ニオイ」・過剰な皮脂の分泌 ・ニオイ成分の発生 ・ニオイ成分の拡散
トータルケア 「スカルプケア」・毛母細胞の活性化 ・頭皮の炎症予防 ・頭皮の柔軟化 「ニオイケア」・過剰な皮脂の洗浄 ・ニオイ成分の発生抑制 ・ニオイ成分の拡散抑制

イーラル オムは男性特有の頭皮の悩みにトータルにアプローチするスカルプケアラインです。

特徴成分

男性特有の頭皮の悩みにアプローチする共通特徴成分

イーラル オムラインは、「チンピエキス」「カキタンニン」「グリーンアロマ」を共通で配合。
イーラル オム プライムは、「チンピエキス」「ローズマリーエキス/ローズマリー葉エキス」「チョウジエキス」「カキタンニン」「スパイシーアロマ」をすべてに配合。
また、各アイテム毎にもそれぞれ特徴的な植物由来成分を配合。植物由来成分による自然のチカラと、科学のチカラを融合することで、ヒトが本来持っているチカラを引き出し、頭皮を正常な状態へと導いていきます。

  • チンピエキス(保湿成分)乾燥させたミカンの果皮より得られるエキスです。肌荒れを防ぐ効果があり、頭皮を正常な状態へと導く効果が期待されます。
  • カキタンニン(保湿成分)柿の果実より得られるタンニン(ポリフェノール系化合物)です。タンニンはお茶、ワイン等にも含まれ、各種悪臭成分と結合しやすいといわれ、消臭効果が期待されます。
  • グリーンアロマ(香り成分)女性にも好まれるグリーンハーバルの香りが、男性の魅力を引き立ててくれます。また、発生したニオイを上手にマスキングし、頭皮のニオイを抑えます。
  • チンピエキス(保湿成分)独特の香りを持ち、古くから調味料や虫除けなどに用いられてきたチョウジには、髪や頭皮を健やかに保つ効果が期待されます。
  • カキタンニン(保湿成分)調味料でくさみ消しとして用いられるローズマリーには髪や頭皮を健やかに保つ効果が期待されます。
    ※オム プライム スカルプエッセンスに配合
  • グリーンアロマ(香り成分)洗練されたスパイシーハーバルの香りが、男性の魅力を引き立ててくれます。また、発生したニオイを上手にマスキングし、頭皮のニオイを抑えます。

※写真はすべてイメージです。

オリジナルライン 〜頭皮の正常化〜ご自宅でのお手入れ方法
  1. シャンプー
    頭皮をすっきりと洗いあげ、フケ・かゆみを抑えるとともに、
    ニオイを抑えます。
  2. スカルプパック(洗い流すタイプ)
    髪にハリ・コシを与え、頭皮を柔軟で潤いのある状態に
    導くとともに、ニオイを抑えます。
    ※毛先のダメージが気になる方は、各種ピュアトリートメントをご使用ください。
  3. ナリッシング(アウトバス)
    髪にハリ・コシ・を与え、健康でしなやかな髪へ
    導くとともに、ニオイを抑えます。

ヘアサロンでの男性用プログラムについてはこちらをご覧ください。

ヘッドスパ&商品のご購入はイーラル取扱サロンへお気軽にお立ち寄りください。EraLの「頭皮と髪のエイジングケア」はサロンとご自宅ケアで毎日のヘアケアをサポートします。

  • 地域からイーラル取扱サロンを探す
  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 北信越
  • 東海
  • 関西
  • 中国
  • 四国
  • 九州・沖縄

頭皮と髪のお悩み別ヘアケア商品 頭皮と髪の悩みに合わせて選べるイーラル カウンセリングチャート

プロダクト

シャンプー

トリートメント

スペシャルケア

フェイシャルケア

ボディケア

イーラル オム(男性用)

「頭皮」と「髪」のお悩み別 ヘアケア商品

ご利用者の声〜初体験!私たちのヘッドスパ レポート〜

髪と頭皮のエイジングチェック

お手入れ方法(ご自宅での頭皮と髪、お肌のケアを紹介)

お近くのイーラルサロンを探す

お近くのエリアをクリックください

北海道 東北 北信越 関東 東海 関西 中国 四国 九州 沖縄


ページの先頭へ