For SALON

お手入れ方法

頭ツボ マップ

ツボとは

これだけは覚えておきたい頭部の主なツボ

ツボを刺激して器官の働きを良くすることは大事ですが、血液やリンパを流すためには硬くなった筋肉(コリ)をほぐすことが最も重要になります。そのため、ただ単にツボを刺激しているだけでは根本的な解決にはならず、その場のみの気持ち良さでしかありません。

主な頭のツボ

(1)百会(ヒャクエ)自律神経を整える。
(2)神庭(シンテイ)老化防止。不眠症の改善。
(3)曲差(キョクサ)頭痛、神経痛の改善。
(4)頷厭(ガンエン)偏頭痛、めまい、耳鳴りの改善。
(5)和りょう(ワリョウ)目の疲れ、目の充血の改善。歯痛、耳鳴改善。
(6)かん骨(カンコツ)頭痛の解消。肩こり改善。
(7)天注(テンチュウ)うなじのこり、肩こりの改善。
(8)あ門(アモン)後頭部痛の解消。不眠症の解消。
(9)風池(フウチ)血行促進の改善。肩こり、背中の痛みの改善。頭痛・眼精疲労の解消。

ツボの押し方

押し方

基本的に凹んでいる部分を押します。
(1)ゆっくりと垂直に深く押していきます。ひびきを感じたら指を止めます。
(2)そのまま、3~8秒間停止します。この時、奥の筋肉まで力を届けます。
(3)凹んでいる中心をぶらさずに、凹みの側面をなでます。この時に側面の硬くなった筋肉部分をほぐします。

頭つぼの正しい押し方

表面の筋肉だけを指圧すると、筋肉同士の摩擦が生じ筋肉がこわばります。
また、角質層や筋肉の位置がずれることで、シワや老化の原因にもなります。このように筋肉に負担がかかると、もみ返しが起こる可能性があります。
しかし、過剰に筋肉が硬くなっている場合は、ある一点の血流やリンパの流れを改善すると、際立って他の部分が痛く感じる場合があります。その場合、一点だけでなく全体をほぐし、筋肉をやわらかくする必要があります。

「EraLラボ」トップヘ