For SALON

EraL LABO

男性特有の悩み

男性の頭皮の悩みとして多いのは、「細毛化・抜け毛」や「ニオイ」です。これらの悩みは、加齢や遺伝、ストレス、生活環境、病気などさまざまな要因が積み重なり生じます。男性はこれらの悩みを単独に持っているというよりは、複合的に抱えているケースが多いため、トータルでケアしていくことが重要です。

男性の頭皮の悩み <細毛化・抜け毛>毛母細部の活性低下、頭皮の炎症、頭皮の硬化<ニオイ>過剰な皮脂の分泌、ニオイ成分の発生、ニオイ成分の拡散

脱毛の種類と原因

脱毛症は、その原因や症状によっていくつかに分類されます。主な脱毛症は以下のようなものが挙げられます。

AGA(男性型脱毛症)
頭頂部や前頭部の生え際など、男性ホルモンの働きにより、部位特異的に生じる脱毛のことです。思春期以降の男性や更年期を迎えた女性に発症し、遺伝など先天的な要素やホルモンバランスの変化により生じる脱毛症です。
びまん性脱毛症
主に加齢やストレスなどによる細胞の機能低下が原因で生じる脱毛症です。更年期以降の女性に多く発症する脱毛症で、頭皮全体の薄毛・細毛が目立つのに加え、全身の体毛も薄くなるという特徴があります。
円形脱毛症
自己免疫機能の一時的な異常により生じる脱毛症です。本来は体外から侵入してくる異物から身体を守るはずの免疫機能が、過度のストレスなどにより異常を起こし、局所的に毛根部分を攻撃し、毛根組織が萎縮してしまいます。その結果、脱毛を引き起こします。

これら脱毛の原因は、遺伝、食事・生活習慣、ストレス、頭皮環境、加齢、ホルモンバランスなどさまざまで、単一の要素が影響しているというよりは、以下に挙げるような原因がいくつか重なりあい脱毛するのが一般的です。

遺伝
人体を構成する組織や酵素などさまざまな設計図が記録されているDNAの情報には個人差があり、それによって体質や外観上の違いが表れています。その中には薄毛や抜け毛を促進させるような情報もあり、それが発現することにより、毛髪の成長が阻害されます。
食事・生活習慣
食事の栄養バランスが悪いと毛髪の成長に必要な栄養分を十分に補給できなくなります。また、喫煙は老化の原因でもある活性酸素を生じさせ、睡眠不足は細胞の働きを鈍くさせます。これらはすべて毛髪の成長を阻害します。
ストレス
強いストレスを感じると、免疫機能に異常をきたし、炎症が引き起こされ脱毛が増えたり、自律神経がうまく機能しなくなることで、血行が悪くなり毛根まで栄養が運ばれず、毛髪の成長に大きく影響します。
頭皮環境
毎日の洗髪を丁寧に行わないと、残留した皮脂が過酸化脂質になったり、皮膚常在菌の異常繁殖を引き起こしたりします。その結果、炎症やフケが生じ、皮膚のバリア機能を低下させ、毛根にダメージを与えます。
加齢
年齢を重ねると細胞の活性低下や血行不良が起こり、毛髪の成長を促す成長因子(FGF-7など)がつくられなくなったり、毛髪を成長させるための栄養分が行きわたらなくなり毛髪の成長が阻害されます。
ホルモン
男性ホルモンはヘアサイクルに大きく影響を及ぼす因子のひとつです。男性ホルモンと女性ホルモンとのバランスが変化したり、男性ホルモンが形を変えた活性型男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)が増えたりすると脱毛が引き起こされます。

AGAの特徴

AGAとは、androgenetic alopeciaの略で男性型脱毛症のことです。AGAは男性ホルモンの働きが大きく関与した脱毛症であり、近年の研究成果により、その特徴や脱毛に至るまでのメカニズムがあきらかにされてきています。

コラム ~AGAと体毛について~

スカルプケア ~AGAにおける細毛化・抜け毛の原因と対策~

細毛化・抜け毛の要因は、生活習慣の問題から遺伝的な要因までさまざまですが、これらの要因が引き起こす症状としては(1)頭皮の炎症(2)頭皮の硬化(3)毛母細胞の活性低下の3つに大別することができます。したがって、これらの症状を解消し正常な状態に戻すことが、健康で太く弾力のある毛髪をつくりあげる第一歩となります。
しかし、AGAにおける細毛化・抜け毛は、活性型男性ホルモンが成長期を短縮し、退行期を誘導していることがわかっています。したがって、AGAの対策としては(1)~(3)に加えて、5α-リダクターゼの働きを抑制することが重要になってきます。つまり、5α-リダクターゼや炎症により毛髪の成長を邪魔させないための「守りのケア」と、毛髪の育つ力を引き出し成長を促進する「攻めのケア」の両方がAGAのケアには必要なのです。

今ある毛髪を脱毛ストレスから守る~守りのケア~

※イラストはイメージです。

男性型脱毛に効果が期待される植物由来成分

チョウジやローズマリーより得られるエキスには、AGAに深く関与している5α-リダクターゼの活性を阻害したり、AGA発症部位に発現が確認されているPGD2の生産を抑制するなど、AGAの改善効果が期待されます。

男性型脱毛に効果が期待される植物由来成分

皮脂量と男性ホルモン

過酸化脂質が細毛化・抜け毛に及ぼす影響

過酸化脂質は洗髪後、時間経過とともに増加します。マウスを用いた実験では、過酸化脂質は毛包の細胞死を誘発するという結果が出ています。
ヒトの頭皮であれば、毛母細胞や毛乳頭細胞にダメージを与え、毛髪の成長を阻害する可能性が考えられます。

左:男性の頭皮における過酸化脂肪量の変化/右:過酸化脂肪処理による毛包の細胞死率

また、マウスを用いた実験において、未処理では成長期にある毛包の割合が約75%であったが、過酸化脂質処理をすることにより、退行期にある毛包の割合が約70%に増加することがわかっている。

過酸化脂肪質処理後17日の休止期、退行期の割合

ニオイケア ~頭皮のニオイの原因と対策~

「EraLラボ」トップヘ