For SALON

EraL LABO

知っておきたいテロメアとエイジングの関係

染色体の末端にあるテロメアは、細胞の寿命に関与しているといわれ、生命の回数券とも呼ばれています。テロメアは、加齢に伴い短縮することが知られており、テロメアの短縮はエイジングに関連しているとされています。

イーラルでは、プルーン分解物とビワ葉エキスがPOT1(ポット・ワン)の産生を促進させるという発見に至りました。プルーン分解物とビワ葉エキスを使用する事でPOT1産生促進によりテロメア末端が保護され、細胞の寿命を長らえる効果が期待されます。

細胞分裂とテロメア

テメロアを短くする要因

テロメアを短縮させる要因の1つに、テロメア末端がダメージし短縮してしまうことがあります。
テロメアは末端がダメージしないようしっかりと丸まってPOT1によって保護されていますが、加齢、高ストレス、喫煙、肥満などによってPOT1が減少すると、テロメアが保護されず不安定な状態になり、ダメージを受けやすくなります。

イーラルの発見

モニター結果

「EraLラボ」トップヘ